【モチベーションが高いと離職率低い!】活気のある会社作りのコツ!

看板

活気のある会社の特徴

活気というのは、イキイキすることを言います。その活気は会社にはとても必要な存在です。常に前向きに物事をとらえ、前進する力があり、社員の笑顔が絶えない職場こそ活気のある会社と言えます。そういった会社は離職率も少なく、業績UPしていると言われています。

どうしたら活気を作れるのか!

活気の作り方の基本となるのが、貸切バスを利用しての団体旅行、ハロウィンやクリスマスなどのイベントを行うことです。真面目に仕事するときはする、皆で楽しむ時は楽しみまくるという会社は自ずと活気が湧いてきます。でも、その活気は定期的に調べないといけません。それを調べる方法は従業員満足度調査というものがあります。社員一人一人が、働きやすい環境作りをするのが、経営者の一番の仕事、いや使命になります。

【社員旅行にもってこい!】貸切バスを借りる時に準備するもの

  • バス内を盛り上げるゲーム
  • 万が一の汚物入れ
  • バス酔い薬
  • 耳栓

社員のモチベーションをあげる方法!

no.1

有能なリーダー

モチベーションアップの1位は、意外にもリーダー・上司でした。理由としては「良いリーダーがいたら、この人のために頑張りたいと思う」「自分たち社員のことをよく見てくれる上司について行きたい」などと、有能なリーダーシップがいるということで大きなモチベーションアップに繋がるのです。

no.2

成長する機会を与える

仕事は常にレベルアップすることが重要です。いきなりあれもこれもお願いするのではなく、徐々に成功体験を増やすことで仕事スキルもアップしていきます。その成功体験は従業員自ら見つけるのではなく、経営者や上司、リーダーなどが提示してあげることが大切です。その与えた仕事をこなした時に成長を賞賛すると、さらなるモチベーションアップになります。

no.3

やりがいのある楽しい仕事内容

仕事は楽しくないと続かないというのは、趣味と同じです。趣味は楽しいから続けられます。でも仕事というもの自体が辛いイメージがあるので、そのイメージを楽しいに変えることで、社員モチベーションが向上します。楽しい仕事→モチベーションアップ→業績アップというシナリオはいつの時代も変わりません。

no.4

努力を認める機会を作る

努力を認める機会をつくることを忘れないでください。子供のころに先生に「よくがんばったね」と褒められた時、とても嬉しかったと思います。それは大人になっても変わりません。褒められるということは嬉しいこと。その褒められる機会を作ってあげるのが会社の役割です。例えば月に一度、半年に一度、優秀社員を表彰する機会を作ったり、毎日毎日の朝礼で、ちょっとした社員の良い行動を評価したりと「努力を認める機会」というのはたくさん作ることができます。モチベーションを上げたいなら必要ですよ。

no.5

人に合った仕事を依頼する

「あの人は計算得意だったな」「この社員は最近子供が生まれたから、残業のすくない仕事をさせよう」など各社員一人一人にあった仕事を依頼することも、モチベーションアップに繋がります。得意分野の仕事なら、生産性も向上するし、仕事をしている従業員も活き活きすることでしょう。それに社員の家庭の問題に合わせてあげることもモチベーションが上がります。上記の最近子供が生まれた社員を例に説明すると、残業が少ない仕事を依頼することで、家庭と仕事の両立ができるため、業務時間内の能力を発揮する率が高くなると言われています。社員も人です。人にあった仕事を与えることもモチベーションアップになります。

[PR]従業員満足度調査を実践しよう
働きやすい社内環境作りに努める!

[PR]モチベーション管理の資格を取ろう
専用講座の日時をcheck☆

[PR]団体旅行の見積もりは比較すべし!
条件に合った業者を見つけよう

[PR]貸切バスを利用したいなら必見!
車両設備を事前にチェック!

従業員思いの経営者が見るオススメ記事!

アンケート

【あなたの従業員はどう思っている?】従業員満足度調査とは!

従業員満足度調査という、社員の声を調べることができる調査をご存じでしょうか?知らないという経営者の皆様は要チェックすべきです。会社を元気に、もっと働きやすい環境にしたい、そう願っている経営者はクリック。

READ MORE
男性

【会社の士気を高める存在】モチベーションマネジャー資格とは?

会社の活気をあげるのは経営者の役目、でも働いてくれる社員のモチベーションアップの方法が分からないという方必見。モチベーション・マネジメントするための資格「モチベーションマネジャー」について説明していますよ。

READ MORE
広告募集中